マイホーム購入の基本の流れを押さえよう

マイホーム購入の流れを予め知っておく事で、スムーズにマイホーム購入を進めることができます。
「次なにやらないといけないっけ?」と悩んでしまった時に参考になるよう、購入までにどのような手続きや作業をしなければいけないかをまとめてみました。

マイホーム購入までの流れを把握しよう。

マイホームの選び方

物件情報収集

マンション・一戸建て問わず、どの地域にどのような土地や物件があるのか、情報収集をする必要があります。
まずは下記の3点を決めてから物件を探し始めると良いでしょう。

  1. 予算
  2. 希望のエリア
  3. 希望の間取り

弊社のホームページ上でも多くの物件を検索できるため、最低限の条件だけ決めた上で、物件情報収集を開始すると良いでしょう。
また弊社のスタッフがお客様の希望に合った物件をお探しするお手伝いも可能です。
物件を沢山調べれば調べるほど、少しづつ細かな希望条件も固まって来ることでしょう。
マイホーム購入の第一歩として、物件情報収集を徹底的に行うことをオススメ致します。

問い合わせ・物件見学

賃貸物件を探す時でも同じように、「もっと詳しく知りたい」と感じる物件情報に出会えたら、まずは問い合わせを行い物件見学を申し込みましょう。
実際に現地を訪ねてみると、部屋の間取りなど間取り図などでは分からなかった事まで肌で感じることができるようになります。
さらに、エリア周辺の状況まで紫衣うことができますので、気になる物件情報があったら、1つでも多く物件見学をすることがマイホーム購入成功への秘訣です。

物件の決定

多くの見学を繰り返すと、自分の住みたいと思えるマイホーム購入やエリアに出会えるのではないでしょうか。

  • エリア
  • 予算
  • 条件

様々な側面から自分にピッタリのマイホームを選び、本当に納得できる物件を選びましょう。

各種手続き

住宅ローン事前審査

一般的には物件購入の意思が固まったら、購入申込みと同時に住宅ローンの事前審査を行います。
住宅ローンを実際に組めるのかどうか、いくらまで融資を受けられるかを金融機関による事前審査が行われます。
マイホーム購入の為には、この審査に通らないと契約することができないため、余裕をもった資金計画をたて、住宅ローンの事前審査に臨みましょう。

書類の確認

住宅ローンの事前審査が通ると、契約となります。
ですが、契約の前に重要事項説明書や契約書など、各種資料をしっかりと確認しておくことが重要です。
書類内容に不明点や疑問があれば、担当者にしっかりと質問し、理解・納得するまで確認するようにしましょう。

契約

重要事項説明書や契約書等の内容を把握し疑問点がなくなった段階で契約書に署名しましょう。
契約が成立後、買い手側の都合で解約する場合、契約時に支払った手付金は返って来ず破棄することとなります。
また、契約から所定期間経過後解約する場合は違約金が発生することが一般的なため注意が必要です。
以上のことを踏まえ契約する前には、物件の条件はもちろん、契約書類の内容にいたるまでしっかりと納得した上で契約書に署名するようにしましょう。

住宅ローン申し込み

契約書に署名することで、売買契約が成立し、住宅ローンの申込を正式に行います。
金融機関による本審査を経て、承認されることでローン契約が成立します。

契約後の流れ

入居説明会(新築マンション)

新築マンションの場合、入居前に入居説明会が行われます。
その際にマンションの規約やルールなどを確認しておくと良いでしょう。
また引っ越しに関する注意事項や日程などの説明が行われることもあるため、必ず参加するようにしましょう。

事前内覧会

建物の完成前に契約を行うことが一般的な新築物件の場合、物件引き渡し前に建物の状態をチェックする事前内覧会が行われます。
物件の状態や仕上がり、契約と異なる部分や不具合などが無いかを確認し、問題があるようであれば解決してもらえるよう依頼します。
また、中古物件のようにすでに建物が完成している物件を購入する際は、物件見学の際などに入念にチェックしておくことが大切です。

残金決済

入居説明会や事前内覧会が終わったら、残金決済を行います。
物件引き渡し前に購入金額から手付金を引いた金額を支払い、残金の支払いが確認出来次第、物件の引き渡しが行われます。

入居

住宅ローンの決済が終わって初めて、購入したマイホームへの入居となります。
司法書士による不動産の所有権移転(保存)登記や住宅の鍵の引き渡しなどが行われます。
入居時に物件の状態を再確認し、問題がないかをチェックしておくのも大切です。

マイホームでの新生活がスタートしたら、確定申告で住宅ローンの控除申請や、市区町村によっては補助金が出ることもあるため、申請なども忘れないようにしておきましょう。

お客様の声