モデルルーム見学時に確認しておきたい5つのチェックポイント

マイホームは人生で1番高い買い物と言われていますが、マンション購入の際に大切になってくるのが「内見」です。
未完成の新築分譲マンションなどの場合、モデルルームで物件の間取りやレイアウトなどを確認することとなります。

モデルルームをしっかりとチェックすることで、実際に物件が完成し入居後に「イメージと違う!」といったギャップをなくす事ができます。
今回はそんなモデルルーム見学時に確認しておきたい5つのチェックポイントをご紹介いたします。

モデルルーム見学時の大切な5つのチェックポイント

864addee0f6b25bdde84b4cb4ce4c60c s

重視したい項目を中心に部屋全体のチェック

マイホームを購入する際に重視するポイントは一人一人様々です。
また、1つ気に入らないポイントがあれば、次から次へと不満が出てくるのもマイホーム選びでは難しいところ。
モデルルームでは、自分が重視するポイントを中心に部屋全体のチェックを行っていくことが効率的です。

チェックしておきたい設備

ご自身の重視するポイントをモデルルーム見学前にまとめておくと、見学時に効率よくチェックしていくことができます。
家庭毎に必要な設備やイメージしてる部屋のサイズ感などは異なります。
購入後に後悔しないためにも、入念な準備が大切です。

  • 間取り/サイズ感
  • 収納の数/許容量
  • 水回りの設備
  • オプション設備
  • 所有範囲の確認
  • 駐車場
  • 共用設備
  • 風通し
  • 管理状況

購入予定の間取りタイプとの違いを確認しておこう

モデルルームの場合、実際に購入する物件とは間取り等が異なる事が多々あります。
ある程度の間取りに関しては図面などで把握することができますが、
やはり、実際に家具などが配置されたモデルルームを確認する事で、イメージが湧いてくるものです。

またモデルルームでは豪華に見せるため、オプション設備なども設置されています。
あなたが必要なオプション、いらないオプションなども当然あるかと思いますので、そのあたりもチェックしておくと良いでしょう。

間取りタイプの図面と、モデルルームとを見比べ、実際に自身が購入する物件がどのような形になるのかイメージしておくと、
今後購入する家具選びなどの際にも役に立つでしょう。

耐震性と遮音性のチェック

地震の多い日本では、耐震性は特にチェックしておきたいチェックポイントです。
耐震・免震対策はどのようにされているか、構造上の不明点、不安点はすべて見学時に確認するようにしましょう。

また、遮音性についても詳しく確認しておくと安心して暮らすことができます。

現地の見学は必ず行おう

モデルルームと実際の物件所在地が異なる場合もあります。
そんな時は、必ず現地に足を運ぶようにしましょう。
モデルルーム見学時では「便利ですよ」「住み心地がいいですよ」と言われていても、感じ方は人それぞれです。

実際に現地に足を運ぶ事で、家の周りがどのような環境なのか自分の目で確かめることができます。
百聞は一見にしかず。
家の周辺も含めて現地を見学するようにしましょう。

複数のモデルルームをチェックしよう

モデルルームは洗練されたインテリアが魅力的で、内装、オプション共に力を入れています。
またパンフレット写真などではきらびやかに見えても、実物とイメージが異なる事も珍しくありません。

一つのモデルルームだけではなく、複数のモデルルームに足を運び、多くの物件に触れることがマイホーム選びの成功の秘訣です。
気になる物件が見つかったら、時間の許す限り、様々なモデルルーム見学をしてみると良いでしょう。

モデルルーム慣れすることが成功の秘訣

4d569e2ccef9fd869e42b144dd3e4469 s

いかがでしたでしょうか。
モデルルームに初めて訪れる方は、そのきらびやかな雰囲気で即決してしまいがちですが、
複数のモデルルームを見学することで見えてくる事が沢山あります。
さらに、実際に自分が購入する間取りをイメージしながらモデルルームを見学することが、
失敗しないマイホーム購入への近道といえるでしょう。
マイホーム購入でおこまりの事がございましたら、お気軽に不動産流通センターまでお問い合わせ下さい。

お客様の声

オススメ賃貸物件一覧

もっと見る