鉄筋コンクリート(RC造)の賃貸物件に住む際のメリット・デメリット

賃貸物件の中でも高い人気を誇る鉄筋コンクリート(RC造)。
デザイナーズマンションに代表されるような、デザイン性の高い賃貸物件などで比較的よく採用されています。

デザイン性に惹かれて契約する方もとても多い鉄筋コンクリートの賃貸物件ですが、実際に住んだ時の住み心地はどうなんでしょうか?
今回はそんな気になる鉄筋コンクリートのメリット・デメリットを解説していきます。

鉄筋コンクリートとは

Bfcbaf32a988ba275bf7f961b04a5ec0 s

  • 鉄筋:引張力に強く錆びにくい。
  • コンクリート:圧縮力に強いが、引張力に弱い。

「鉄筋コンクリート」はコンクリートの芯に鉄筋を入れ強度が高められたものです。
「鉄筋」と「コンクリート」お互いの弱点をカバーしあっているため、より強い性質を持っています。

鉄筋コンクリートの特徴

鉄筋コンクリートの特徴は主に5つ

  • 耐震性
  • 耐久性
  • 耐火性
  • 遮音性
  • 断熱性

上記それぞれがとても優れており、集合マンションやビルなどの建材として広く活用されています。

耐震性

上記でも説明した通り、「鉄筋」は引張力に強く、「コンクリート」は圧縮力に強いという特性をもっています。
その為、両方の長所がいかされ地震に耐える強い構造が特徴です。

阪神大震災の際も、新耐震基準に基づいた鉄筋コンクリート造の倒壊被害はごく僅かなものでした。
倒壊リスクが、木造建築などに比べても少ないのが特徴といえるでしょう。

耐久性

木造建築の場合、法定耐用年数が22年のところ、鉄筋コンクリートは47年と倍以上の耐久性があります。
またシロアリ被害にあうこともなく、耐久性に優れています。

耐火性

住宅に使用される木材は260℃で発火点に達し、鉄骨の場合は900℃で崩壊すると言われています。
鉄筋コンクリートの場合、壁・床の表面温度が1000℃になっても強度が低下したり、崩壊するという事がありません。
また、有毒ガスも発生しないなど、耐火性にとても優れているのが特徴です。

遮音性

遮音性が低い木造とは違い、鉄筋コンクリートは木造に比べ約10倍の遮音性があります。
単一材料の場合、単位面積あたりの比重が大きいほど、遮音性が高いと言われています。
木造や鉄骨造と比べても、鉄筋コンクリートは比重がとても重いためとても高い遮音性を誇ります。

断熱性

木造建築とは違い、隙間ができにくい為、熱を外に逃さない特性があります。
そのため、エアコンやクーラーといった冷暖房を有効的に使いやすくのが特徴です。

鉄筋コンクリート造の賃貸物件に住むメリット・デメリット

ここからは、実際に鉄筋コンクリート造の賃貸物件に住む前に知っておきたいメリット・デメリットを解説していきます。
鉄筋コンクリートには鉄筋コンクリートのメリットや・デメリットがあります。
予めしっかりと理解しておくことで、実際に住む時のイメージが掴みやすくなるでしょう。

メリット

0b9a8502b1663dce8a96446c41c44ea0 s

おしゃれな物件が多い

鉄筋コンクリートの物件には、コンクリート打ちっぱなしや、吹付塗装といった素材そのままを活かしたおしゃれな物件が多いのが特徴です。
デザイナーズマンションに代表されるようなシンプルかつ、柱などもない広く感じるお部屋も多く若い人に特に人気です。

遮音性が高い

隣人トラブルの多くの原因が「音」に関すること。
木造建築の場合は遮音性が特に低い為、度々音による隣人トラブルがおこってしまいます。
ですが、鉄筋コンクリートの場合、その特性上遮音性がとても高く隣人の「音」に悩まされることがありません。

とはいえ、鉄筋コンクリートだから全く「音」の心配がないわけではありません。
壁の厚みや近隣住民の生活スタイルなどによっても左右される為、気になる物件が見つかった場合は一度足を運んで確認するのをオススメします。

耐震性が高い

地震がとても多い国・日本。
日本に住む以上は耐震性は気にしておきたい大きなポイントです。

鉄筋コンクリートは構造上、強度が木造建築などの他の建材に比べてもかなり高い為、安心して暮らす事ができます。
ですが、鉄筋コンクリートの重量がとても重いため、実際に地震が発生すると大きく揺れてしまいます。
また、何度も地震のダメージを受けていると「ひび割れ」などが生じ、補修が必要になるケースもあります。

鉄筋コンクリートだから安心!と過信することなく、物件をしっかりと選ぶのが大切です。

耐火性が高い

上記の特徴でも説明したとおり、鉄筋コンクリートは壁・床の表面温度が1000℃になっても強度が低下したり、崩壊するという事がありません。
また鉄筋コンクリートは2時間を超える火災でも、同じ結果が得られている為、耐火性という面では申し分ありません。

デメリット

メリットをいくつかご紹介しましたが、住む上で気になるのは「デメリット」の部分ではないでしょうか。
ここからは、鉄筋コンクリートの賃貸物件に暮らす際のデメリットを解説していきたいと思います。

結露が発生しやすい

断熱性の高い鉄筋コンクリートの特性上、結露が発生し易いデメリットがあります。

換気が必要

気密性が高い鉄筋コンクリートは、その特性上部屋に湿気などが溜まりやすい傾向にあります。
その為、カビなどが発生しやすいため換気や除湿などをしっかりと行わないといけません。

熱伝導率が高い。

鉄筋コンクリートは熱伝導率が高いため、冬は寒く夏は暑いのが弱点です。
日中の太陽の熱気が伝わり、部屋の温度を上昇させてしまったり、冬の冷気が建物を冷やすことが原因です。

また熱伝導率が高いことは、断熱性が低いともいえます。
外断熱が施されている物件であれば熱伝導率が下がるため問題ないのですが、施されていない場合はこういったデメリットがあることを理解しておきましょう。

鉄筋コンクリート物件の賃貸物件探しなら弊社まで

0892ce32acdcdc1574d718854619a54c s
賃貸物件で人気の高い鉄筋コンクリート造の物件ですが、メリット・デメリットや特徴を理解しておくことで、良い物件選びが可能になります。
その他お部屋探しで分からない事や心配事などありましたらお気軽に弊社スタッフまでご相談ください。

お客様の声