賃貸物件で1階の部屋を選ぶ6つのメリット・デメリット

あなたがお部屋探しをする際に重要視しているポイントはなんですか?

  • 水回り
  • 防犯
  • アクセス

いろいろな条件があるかと思います。
男性女性によって重要視する視点が異なりますが、男女共通なのが「何階に住むか」というポイント。

「高層階に住むのが憧れ」という方から「低層階が良い!」という方までその意見は様々です。
その中でも、1階は割りと敬遠されがちです。

弊社でも「2階以上が良い」というご相談は多く頂きます。
ですが、実は1階に住む多くのメリットがあり隠れたお宝物件であることが多々あります。

今回は賃貸物件に住む際、1階に住むメリットとデメリットを詳しくご紹介していきたいと思います。

賃貸物件で1階に住む3つのメリット

1階の物件は、1階でしか得られないメリットが沢山あります。

  • 家賃面
  • エレベーターや階段による不便がない
  • 騒音トラブル
  • 搬入・搬出
  • 庭付きの物件も!

今まで敬遠していた方もきっと魅力的に感じる1階のメリットをご紹介いたします。

メリット1 家賃が安い

8cefc94c5ee5650a6e3faa8b377b32ff s

1階は一般的に人気があまりなく、家賃は安めに設定されていることが多い傾向にあります。(※物件によります。)
人気がないという事は空き室対策を行うため、設備UPや2階以上の階よりも魅力的にリフォームをされる事例も。

もし2000円も賃料に差があれば年間でみると24000円の差が出てきます。
設備UPもされており、賃料も安いお宝物件はすぐに埋まってしまうほどの大人気物件です。
少しでも安くという方には大変オススメです。

メリット2 下の階に気を使わなくていい

9f1554f8894cda8c0e8658e371da0ee4 s

賃貸物件に住む際、1番気になるのが「音」の問題かと思います。
マンションやアパートに住む場合、生活音が原因のトラブルというのが度々起こってまいります。

2階以上に住む場合は、隣の部屋はもちろん、下の階のお部屋にも気を使わなくてはなりません。
はしゃいで走り回ってしまうお子様のいらっしゃるご家庭やペットを飼われているご家庭は特に注意が必要です。

その点1階に住む場合は、下の階のお部屋に対して気を使わなくて良いため、足音などを気にする必要がなくなります。
騒音トラブルから解消されるため、そういった目的にで1階を選択される方も少なくありません。

メリット3 引っ越しが楽

57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b s

引っ越しはできれば楽に済ませたいですよね。
1階の場合は、階段の昇り降りをする必要がないため比較的楽に済ませることができます。

引っ越しのタイミングで新しい家具や家電を購入される場合は、荷物の搬入がしやすいというメリットが1階にはあります。
更に、今後出ていく場合も、搬出が楽なため1階に住んでいてよかったと思うタイミングでもあります。

業者に依頼する場合、3階以上になると追加料金が加算されることもあります。
荷物の量によっては数万円以上の差がでてくるケースも。
ピアノや大型家具によってはクレーンを使用しないと行けない場合も考えられます。
1階ですとそういった心配もございません。

また弊社ではアトム電器FCの強みを活かした、入居前家電設置サービスも行っております。
引っ越しをもっと楽なものにするための取り組みも行っていますので、是非ご活用ください。

賃貸物件で1階に住む3つのデメリット

1階にのメリットを沢山ご紹介いたしましたが、ここからは1階のデメリットも合わせてご紹介いたします。
立地条件・構造・地域によって様々ですが、1階にしかないデメリットも当然あります。

メリット・デメリットをしっかりと理解して、あなたにぴったりの物件を選んでいきましょう。

### 防犯面が心配

A644a579b4099b427cf9ba4711f0f46b s

1階に住む上でよく耳にするのが「防犯面」への不安です。
ベランダなどの無い物件の場合は、外に洗濯物をそのまま干す形となります。
女性の場合は覗きの被害や下着泥棒といった被害にあう可能性も否定できません。

とはいえ、1階には管理人が住んでいる場合もおおく、通りに面している場合は人通りが多いことから、室内への侵入がしづらく空き巣被害が起きにくい傾向があります。
逆に上層階ほど人目に触れにくいため防犯面などに気をつけておく必要があります。

### 日当たりが悪い傾向がある

D5b0c682dfde6374734eb0ee926e812b s

周囲の環境にとっては日陰になりやすく、日当たりが悪い傾向にあります。
(※物件によります。)

1日の間に少ししか日光に当たらない場合は、どうしても洗濯物の乾きが遅いなどのデメリットが生じます。
特に冬などは、日も短く、太陽の角度も低いため殆ど日光がささない部屋もあります。

とはいえ、あくまでも悪い傾向にあるというだけで、日当たりの良い物件も当然多くあります。
まずは、自分の目で確かめてみるのが大切です。

### 室外からの影響を受けやすい

A8debf2c85499251050262bc12ab4c0d s

防犯面でも述べましたが、ベランダが無い物件や、その他遮る物が何もない場合は駐車場からの排気ガスを受けてしまう場合もあります。

その他、通りに面している場合は2階以上のお部屋に比べても車の騒音などが気になる可能性があります。
公園などに面している場合も、休日などは子どもたちが遊ぶ声がうるさく感じてしまうという方もいらっしゃいます。
周辺環境の影響をもろに受けやすい1階ならではのデメリットといえるでしょう。

1階のメリット・デメリットを把握して賢く選ぼう!

Edf9893d8ea04d24ea0e3571e1a6a12e s

賃貸物件で1階に住む場合、とても多くのメリットと1階ならではのデメリットがあります。
それぞれのメリット・デメリットを把握することで、あなたの条件にぴったりあった物件が見つかることでしょう。

不動産流通センターでは数多くの物件を取り扱っています。
予算や条件・希望に合わせた最適の物件をご紹介いたします。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の声