物件情報収集のポイントを紹介します。

マイホーム購入にあたって物件情報の収集はとても重要になってきます。
物件情報を沢山集めることで、自分が本当に住みたいと思えるマイホームの条件や、地域ごとの相場などが分かってきます。
インターネットや不動産会社など、様々な方法で物件情報を集めることができるため、自分にあった方法で情報収集を始めるのが良いでしょう。

物件情報収集方法

インターネット

当社のホームページでも物件情報を検索できるように、今ではインターネットで物件情報を手軽に調べることができるようになりました。
スマートフォンやパソコンで簡単に希望条件で絞り込むことができるため、いつでも合いた時間で物件情報を収集できるのが強みです。

インターネットには掲載されていない物件情報も多いため、インターネットだけに調べるのではなく、不動産会社に問い合わせ、希望条件に合った物件が他にないか問い合わせてみるのも良いでしょう。

情報誌や新聞などの紙媒体

物件情報を網羅的に掲載されている情報誌や、新聞などの紙媒体も物件情報収集手段として今なお人気です。
その理由は一覧でまとめて見れる一覧性にあります。
どのような物件がどのような価格帯で販売されているかというのも紙媒体であれば、ひと目で分かります。

不動産会社に問い合わせる

マイホーム購入を決めたら早めに不動産会社に自分の希望の条件を伝えておくことで、インターネットや紙媒体に掲載する前の物件情報を教えてくれることも多々あります。
資金計画や手続きに関しても密にやり取りができるため、マイホーム購入に関するアドバイザーとしてあなたの力になってくれるでしょう。

物件情報収集のポイント

希望条件を絞る

物件情報を調べるときに大切なのファ希望条件を絞る事です。
希望条件が絞れていないと、膨大な物件数の中から探す事になってしまうため、予め希望条件を絞っておくと効率的に物件情報を調べることができます。

予算

マイホーム購入にあたっての予算を予め決めておきましょう。
その際、2000万〜2500万というようにある程度幅をもたせておくと、条件が広がり自分の理想の物件も見つかりやすくなるでしょう。

エリア

ライフスタイルや将来設計に合わせて住みたいエリアを調べていきましょう。
保育や病院、ライフラインといった点が充実しているか、交通機関が近いかなども合わせて考えていくと良いでしょう。

物件タイプ

  • マンション
  • 戸建て
  • 新築か中古か

物件情報収集する際に、物件タイプを明確に絞り込んでおくと更に良いでしょう。
それぞれ価格や間取りなどにも大きな差がでてくるため、先に決めておくことで自分にあった物件を見つけやすくなります。

間取りや設備

最後に間取りや設備の条件を絞り込むと、自分にあった物件がよりヒットしやすくなります。
ここでも大切なのが、将来を考えて間取りや設備を考えていくということ。
将来子供が生まれた時、老後のバリアフリーやリフォームを考えた時の事まで考えて置くと購入後のイメージもしやすくなります。

興味のある物件は問い合わせしよう

物件情報をあつめていく過程で、気になる物件が見つかったら積極的に資料請求や内覧・問い合わせを行いましょう。
実際に問い合わせてみることで、インターネットや紙媒体だけでは分からなかった事が明確になっていきます。

百聞は一見に如かず。一目見ることで実際に住むイメージもつかみやすくなるでしょう。

播磨地区の物件情報を弊社にお任せ下さい。

加古川を始めとする播磨地区の物件情報を豊富に扱っている弊社だからできる提案があります。
理想のマイホーム像を是非私達にお聞かせ下さい。
インターネット未掲載の物件情報など、豊富な物件情報から、理想の物件探しを全力サポート致します。
いつでもお気軽にお問い合わせ下しさい。

お客様の声